Profile

アドベンチャーランナー

北田 雄夫

北田 雄夫

1984年生まれ、大阪府堺市出身。幼少期から貧血持ちで度々目眩を起こす。小心者でいつも人の目を気にして過ごすが、好きなかけっこをしようと中学から陸上部で走ることを始める。

中学・高校と競技成績を伸ばし、大学3年時に日本選手権3位(4×400mリレー)。翌年の日本選手権で優勝を狙うが、日本一に遠く及ばず挫折。それから就職をして一度は運動を辞めるも、「自分の可能性に挑戦したい!」という思いを抑えきれず、再び競技を始める。より高みを目指すため、敢えて誰もやろうとしない過酷な道を選ぶ。

だが元々短距離選手であった人間が、持久系種目で活躍するのは夢のまた夢。初マラソンは4時間43分、ウルトラマラソン(100km)では97km地点でタイムオーバーの失格、水泳は50mを泳ぐのが限界、そして富士登山では高山病にかかり8合目でリタイア。それでも諦めずに4年間進み続けることで、山口萩往還140kmマラソン完走、国内頂点のトライアスロンIRONMAN完走、アフリカ最高峰キリマンジャロ5,895m登頂など、様々な経験を積んでいく。

そうして2014年、30歳からアドベンチャーマラソンに参戦。それまで勤めていた会社を退職し、競技に専念する道へと進む。だが始めた当初は成績を残せず、人に理解されず、貯金は激減し、辛い日々を送る。また厳しい自然環境の中で熱中症、凍傷、感染病になりながらも走り続け、2017年日本人初として初めて「世界7大陸アドベンチャーマラソン走破」を達成。

この先、誰も成しえていない「世界4大極地の最高峰レース走破」に挑んでいく。 また講演、執筆、レース映像の配信などを通じて、見たことのない景色と物語を届ける活動も行う。

「世界7大陸アドベンチャーマラソン走破とは?」

世界の7大陸「アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、南極」で開催されるアドベンチャーマラソンをすべて走破すること。

「世界4大極地の最高峰レース走破とは?」

地球上で人間が走れる4つの極地「暑い砂漠、寒い氷雪地、衛生環境の悪いジャングル、標高の高い山岳」で開催される最高峰レースをすべて走破すること。
※最高峰レースの選定基準は「自然環境、距離、サポート環境」の3点の厳しさより。

挑戦物語

  • 第一章 日本人初の世界7大陸走破
    2014年〜2017年
  • 2014年

    Gobi March(中国/ゴビ砂漠 7日間250km)【51位】
  • Atacama Crossing(チリ/アタカマ砂漠 7日間250km)【64位】
  • 2015年

    THE TRACK(オーストラリア/荒野 10日間521km)【10位】※
  • FIRE + ICE(アイスランド/火山地帯 6日間250km)【3位】※
  • 2016年

    Sahara Racce(ナミビア/ナミブ砂漠7日間250km)【途中参加で結果なし】
  • Grand to Grand Ultra (アメリカ/グランドキャニオン 7日間273km)【8位】
  • The Last Desert(南極 6日間250km)【2位/チーム戦】
  • 2017年

    Ice Ultra (スウェーデン/北極圏 5日間230km)【3位】※
  • Ultra Africa Race (モザンビーク/サバンナ 5日間220km)【3位】※
  • 第二章 世界4大極地の最高峰レース走破
    2018年〜2022年
  • 2018年

    Alvi Trail Liguria(イタリア/山岳 8日間400km)【15位】※
  • Trans Pyrenea(フランス/ピレネー山脈 18日間866km)【踏破(非競技)】
  • Tuscobia Winter Ultra(アメリカ/氷雪3日間256km)【15位】※
  • 2019年

    Iditarod Trail Invitational (アメリカ/アラスカ4日間240km)【4位】※
  • Jungle Ultra(ペルー/ジャングル 5日間230km)【6位】
  • La 1000km (モーリタニア/サハラ砂漠18日間1,000km)【6位】※
  • 2021年

    Iditarod Trail Invitational(アメリカ/アラスカ10日間560km)【5位】
  • Mega Race(ドイツ/トレイル14日間1,001km)【6位】※
  • 第三章 さらなるアドベンチャーへの挑戦
    2023年〜
※は日本人初挑戦

挑戦予定

2022年
10月 La 1200(モーリタニア/サハラ砂漠1,200km)
世界最大のサハラ砂漠を舞台に、距離1200kmを20日以上かけて走り続けるノンストップレース。気温45℃、永遠と続く砂丘、砂嵐や遭難の危険。⻄アフリカのモーリタニアにて世界初開催予定。
2023年
2月 Iditarod Trail Invitational(アメリカ/アラスカ1,600km)
気温-40°Cにもなる厳冬期アラスカにて、距離1600kmを30日以内でゴールを目指す。極地装備やサバイバル道具を自らで運び、コースさえも自らで準備とナビゲートする最難関レース。挑戦が許されるのは同大会560km完走+厳冬期サバイバルスキルが認められた者のみ。
10月 Himal Race(ネパール/ヒマラヤ山脈850km)
地球上で最も高くそびえるヒマラヤ山脈(ネパール)を横断する。酸素50%にもなる標高5,000m級の山々を越えながら、距離850km、累積標高差40,000mの24日間ステージレース。アイゼン、ロープ、ヘルメットなどを装備。体力、山岳スキル、リスク対策などが特に求められる。

活動

  • 講演・研修(企業、団体、学校など)
  • ゲスト主演(マラソン大会、イベントなど)
  • クラブ運営(アドベンチャークラブ)
  • イベントプロデュース(お祭り、マラソン大会など)
  • 雑誌寄稿(ランニング専門雑誌など)

書籍

「地球のはしからはしまで走って考えたこと」/集英社
凡人がぶつかりながらも挑んだ「日本人初の世界7大陸走破」。
胸が熱く、モチベーションが上がる冒険物語に世界中の絶景や笑えるエピソードも交え、中学生でもスラスラ読める一冊。 みなさんが少しでも前を向くきっかけとなれば、これほど嬉しいことはありません。

メディア

テレビ
2022.1.13 NHK松山「ひめポン!」
2021.5.10 テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」
2020.1.05 毎日放送「ミント!」
2019.12.19 朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」
2018.12.6 テレビ大阪「やさしいニュース」
2018.10.21 フジテレビ「1Hセンス」
2017.12.3 毎日放送「情熱大陸」
新聞
2022.4.23 高知新聞「こころ」
2021.1.16 日経新聞「あとがきのあと」
2020.12.6 聖教新聞「スタートライン 若者たちの明日を開くヒント」
2020.11.29 スポーチ報知「日本人初走破のノンフィクション」
2020.11.28 スポーツニッポン「アドベンチャーランナーと一緒に冒険を“体感”」
2020.3.23 スポーツ報知「瀬戸内海〜日本海120kmラン参加へ」
2019.12.10 毎日新聞「サハラ砂漠1000キロ完走」
2019.11.2 読売新聞「サハラ砂漠1000キロ駆けろ」
2018.9.27 読売新聞「極限の地 駆け抜ける」
2018.5.2 サンケイスポーツ「アドベンチャーランナーの北田雄夫氏が講演」
2018.1.6 朝日新聞「挑む!」
2017.12.27 読売新聞「冒険マラソン7大陸走破」
2017.11.30 産経新聞「日本人で初七大陸走破」
2017.11.4 産経新聞「七大陸制覇へRUN!!」
ラジオ
ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」
NHKラジオ「ごごカフェ」
TOKYOFM「ONE MORNING」
ニッポン放送「ことばのチカラ」
J-WAVE「START LINE」
ベイFM「THE FLINTSTONE」
FMCOCORO「MARK’E MUSIC MODE」
FM802「Radio Fields」
ABCラジオ「高山ヒロトモのオトナ部屋」
ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと。」
ZIP-FM「High! MORNING!」
ZIP-FM「MORNIG CHARGE」
KBS京都ラジオ「Let’s Run!」
Radio-f「エフスポーツ」 など
雑誌
ランナーズ
RUN+TRAIL
子供の科学
ビッグイシュー

講演・出演依頼について

取材、出演、講演、ゲストランナーの詳細はこちら からご確認いただけます。