Profile

アドベンチャーランナー

北田 雄夫

北田 雄夫

1984年生まれ、大阪府堺市出身。中学から走ることを始める。

大学3年時に日本選手権3位(4×400mリレー)。翌年の日本選手権で優勝を狙うが、日本一に遠く及ばず挫折。それから就職をして一度は運動を辞めるも、「自分の可能性に挑戦したい!」という思いを抑えきれず、再び競技を始める。より高みを目指すために敢えて過酷な道を選ぶ。

だが元々スプリンターであった選手が、持久系種目で活躍するのは夢のまた夢。初マラソンは4時間43分、ウルトラマラソン(100km)では97km地点でタイムオーバーの失格、水泳は50mを泳ぐのが限界、そして富士登山では高山病にかかり8合目でリタイア。それでも諦めずに4年間進み続けることで、山口萩往還140kmマラソン完走、国内頂点のトライアスロンIRONMAN完走、アフリカ最高峰キリマンジャロ5,895m登頂など、様々な経験を積んでいく。

そうして2014年、アドベンチャーマラソンに参戦。それまで勤めていた会社を退職し、競技に専念する道へと進む。翌年には日本人で初めてTHE TRACK(オーストラリア521km)に挑戦し世界10位となる。過酷な自然環境の中で熱中症、幻覚、凍傷、感染病などと戦い、2017年に「日本人初の世界7大陸アドベンチャーマラソン走破」を達成。

この先さらに4年をかけて、マイナス40℃の極寒アラスカ1,600kmをはじめ、標高5,000mのヒマラヤ山脈、灼熱密林のジャングルなど、地球上にある世界最高峰レースの走破に挑んでいく。 また講演、執筆、レース映像の配信などを通じて、多くの人に元気と驚きを届ける活動も行う。

競技実績

  • 2014年

    Gobi March(中国/ゴビ砂漠 7日間250km)【51位】
  • Atacama Crossing(チリ/アタカマ砂漠 7日間250km)【64位】
  • 2015年

    THE TRACK(オーストラリア/荒野 10日間521km)【10位/日本人初挑戦】
  • FIRE + ICE(アイスランド/火山地帯 6日間250km)【3位/日本人初挑戦】
  • 2016年

    Grand to Grand Ultra (アメリカ/グランドキャニオン 7日間273km)【8位】
  • The Last Desert(南極 7日間250km)【2位/チーム戦】
  • 2017年

    Ice Ultra (スウェーデン/北極圏 5日間230km)【3位/日本人初挑戦】
  • Ultra Africa Race (モザンビーク/サバンナ 5日間216km)【3位/日本人初挑戦】
  • 2018年

    Alvi Trail Liguria(イタリア/山岳 8日間400km)【15位/日本人初挑戦】
  • Trans Pyrenea(フランス/ピレネー山脈 18日間850km)【踏破(非競技)】

挑戦予定

2018年
12月 Tuscobia Winter Ultra(アメリカ256km)
気温マイナス30度の氷雪地帯で行われる、制限時間65時間ノンストップレース。ただでさえ進みづらい雪の上を、食料や寝袋や燃料などを自らで運びながら1日100kmを進まなければならず、完走率は33%。日本人初挑戦。
2019年
2月 Iditarod Trail Invitational (アメリカ/アラスカ240km)
マイナス40度にもなる極寒アラスカにて、食料や寝袋やテントを自らソリでひきながらゴールを目指す。制限時間5日の間、不眠不休でゴールを目指すノンストップレース。日本人初挑戦。
6月 Jungle Ultra(ペルー/ジャングル 230km)
獣・虫・感染病などの危険があるジャングルで5日間230km進む。解毒剤や浄水器、夜はハンモックを使って木の上で休みながら、幾多の川、泥、密林を乗り越えていく。
11月 La 1000km Mauritanie(モーリタニア/サハラ砂漠1,000km)
砂漠最高峰レース。舞台は世界最大のサハラ砂漠。日中は気温40度を超える灼熱の中、夜は遭難危機のある真っ暗闇の中を、時に砂嵐にも遭いながら進む、制限時間22日の1,000kmノンストップレース。日本人初挑戦。
2020年
2月 Iditarod Trail Invitational(アメリカ/アラスカ560km)
マイナス40度にもなる極寒アラスカにて、食料や寝袋やテントを自らソリでひきながらゴールを目指す。100〜240kmの極寒レースを2つ完走した者にのみ挑戦が許される、制限時間11日560kmのレース。日本人初挑戦。
5月 Himal Race(ネパール/ヒマラヤ山脈850km)

山岳最高峰レース。地球上に最も高くそびえるヒマラヤ山脈にて、酸素が50%にもなるエベレストベースキャンプ標高5,300mから24日間で850km先を目指す。挑戦が許されるのは標高4,800m以上の経験と、超長距離レースの実績がある者のみ。日本人初挑戦。
2021年

2月 Iditarod Trail Invitational(アメリカ/アラスカ1,600km)
寒冷地最高峰レース。マイナス40度にもなる極寒アラスカにて、食料や寝袋やテントを自らソリでひきながらゴールを目指す。560kmレースを完走した者にだけ挑戦が許される。あまりに過酷すぎて参加すること自体が困難。1年に1〜2人完走できるかどうかで、今まで完走できた者は世界で27人のみ。日本人初挑戦。

所属・活動

  • 近畿大学アスリートクラブ
  • ミズノ アドバイザー
  • デューク アドバイザー
  • 全国ご当地マラソン協議会 アンバサダー

メディア

テレビ
2018.12.6 テレビ大阪「やさしいニュース」
2018.10.21 フジテレビ「1Hセンス」
2017.12.3 毎日放送「情熱大陸」
新聞
2018.9.27 読売新聞「極限の地 駆け抜ける」
2018.5.2 サンケイスポーツ「アドベンチャーランナーの北田雄夫氏が講演」
2018.1.6 朝日新聞「挑む!」
2017.12.27 読売新聞「冒険マラソン7大陸走破」
2017.11.30 産経新聞「日本人で初七大陸走破」
2017.11.4 産経新聞「七大陸制覇へRUN!!」
ラジオ
2018.11.9 ABCラジオ「武田和歌子のぴたっと。」
2018.10.30 Radio-f「エフスポーツ」
2018.9.27 FMCOCORO「MARK’E MUSIC MODE」
2018.7.31 ZIP-FM「MORNIG CHARGE」
2018.7.12 FMCOCORO「MARK’E MUSIC MODE」
2018.6.10 KBS京都ラジオ「Let’s Run!」
2018.2.8 ZIP-FM「MORNIG CHARGE」
2017.11.23 FMCOCORO「MARK’E MUSIC MODE」
雑誌
2017.2.27 RUN+TRAIL vol.29「超人たちの世界」
2017.12.27 RUN+TRAIL vol.28「7大陸走破へvol.3」
2017.10.27 RUN+TRAIL vol.27「7大陸走破へvol.2」
2017.8.26 RUN+TRAIL vol.26「7大陸走破へvol.1」

その他、新聞・ラジオ・雑誌などに多数掲載

講演

講演実績

キリンビバレッジバリューベンダー、名鉄百貨店、トワロン、昭和コーポレーション、NHK 文化センター、高圧ガス保安協会、中央電気倶楽部、スポーツビジネスアカデミー、技術物流連合会、大阪市青年経営者連合会、堺市子ども会、近畿大学、大阪府立大塚高校、大阪市立佃中学校

テーマ例
  • 前人未到に挑む!~世界最高峰の極限レース制覇へ~
  • 世界 7 大陸を走って学んだ、続ける力
  • 夢に挑戦する素晴らしさ
    挑戦、夢、目標達成、モチベーション、健康、危機管理などのテーマに合わせてお話します。
内容抜粋
  • スライド&映像講演
    世界中の絶景写真や映像をみなさんと一緒に見ながらお話をします。極限の地で起こる苦難やハプニング、それをどう乗り越えてきたのか、そしてその先に見えた景色などに触れていただき、日本人唯一のリアルな体験談を味わっていただきます。

  • これからの挑戦目標
    現役アスリートだからこそ伝えられる、これからの挑戦についてお伝えします。誰もが見たことも聞いたこともない世界最高峰の極限レースは、想像を超えるスケールで、驚いていただけること間違いなしです。

  • アドベンチャーのミニ体験(~30 名まで)
    実際にレースで使用したリュック(重さ 6~13kg)を体験していただきます。「重たい!」「こんなの背負いたくない!笑」という反応から、「自分も走れそう!」という反応まで、様々な会話が飛び交い、会場は楽しい雰囲気に包まれます。

  • ポスター、メダル、装備品の展示(要相談)
    各レースのポスター (A1)、完走メダル、装備品などを会場に展示します。講演で伝えきれない部分を見て楽しんでいただき、また講演前後の時間を有意義にお過ごしいただけます。

お時間やご予算のご相談など、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

取材、出演、講演、ゲストランナーのご相談など、どうぞお気軽に お問い合わせ ください。

資料のダウンロードはこちらをご確認ください。